未来のワークスタイル ひらめき
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひらめき
いわゆる「ヒラメキ」というものには、
自分の内側のデータから引き出したもの」と「無限の叡智より伝えられてくるもの」があります。


「データ」から「ヒラメキ」を引き出すには、
対象に100%集中して、思考をフル回転させるようにします。

ところが無限の叡智というのは、思考活動を止めている時に降りてきます。


「データ」から来る「ヒラメキ」には質量感があります。

また、ひらめくと「そうか」という感覚が強くあることが多いです。

一方、無限の叡智には質量感は全くありません。

受け取る時は、むしろ何気に知っているという感覚、
ごく自然にわかって、感謝が湧き出る感覚があります。


「データ」を脳や潜在意識がまとめ上げて気づかせてくれることは実践的なヒントだったりして、
どちらかというと現実感があります。

一方、無限の叡智から伝えられてくるヒラメキは、もっと繊細な感覚であることが多く、
何かをするというより、方向性を示して下さったり、
安心感など感覚的に伝えられてくることがよくあります。


どちらのヒラメキであっても、自分自身が愛と感謝のエネルギーにつながっている状態なら、
そのヒラメキに合う行動を
早速してみるといいでしょう。

でも、恐れのエネルギーにつないでいる状態、すなわち
「不足」のエネルギーを自分から出していて受け取ったと思える時には、
そのヒラメキを吟味する
方が賢明です。


吟味するといっても難しいことをするわけでなく、「発願→確信→受取」をする時のように、
たとえば「実行する方が良いなら、あと二回シグナルを下さい」と発願します。

この時の願いは、もちろん結果を限定せずゆだねての発願です。

結果への期待は、返ってくることを自分都合で解釈することにしかねないからです。

期待感があるなら、手放された期待でなければなりません。

すると、もしそれが実行すべきヒラメキなら、そう時間を置くことなく、
「実行する」ヒラメキがきます。


このヒラメキのチェック方法は、「願い」というエネルギーにして発信したなら、
その後のことは原理にゆだねて、自分自身は、今「ある」ことを使って、今「できる」ことに
集中するという、いつもの流れで行います。

すると流れの中で、チェックしたいことへの次のヒラメキがきます。


「ヒラメキ」生かすには、ひらめいてから実行までに時間を置かない方がいいのですが、
もしそのヒラメキに完全な信頼を持てないなら、こういう確認方法もあります。

ただし、ヒラメキの賞味期限はとても短いので、吟味に時間をかけ過ぎないようにしましょう。


かなり重要なターニングポイントで「ヒラメキ」に躊躇することがないように、
日頃から「ヒラメキ」に従った行動をすることに慣れておくといいでしょう。

そのトレーニングは、難しいことをしなくても、たとえば自由な時間にこれから行く目的地を決めて、
右の道から行くか左の道から行くかひらめく通りに選択して進み、
目的地までいろいろよく観察しながら進むようにしてみます。

目に飛び込んでくること、耳にすることなどに注意していると、
正しい選択をしている時は、心が優しくなることや気持ちがワクワクすること、
或いは美しい景色やステキな香りなどに遭遇したりします。

逆に、もう一つの道が良かった時には、ちょっとしたトラブルに遭遇したり、
交通の流れが悪くなったりなど、否定的な現象を目にします。

このように、トレーニングというより、どういう感覚でひらめくと良いことが多くて、
どういう気持ちでのヒラメキは要注意なのか、実感する場面を日頃経験しておくのです。


ヒラメキ」は、私達が持つとても優秀なセンサーであり、機能であり、ツールです。

使えば使うほど感度が上がりますので、
皆さんも「ヒラメキ」を楽しみながら、直感力をつけて頂きたいと思います。



⇒関連記事 [直感を信じて仕事する]
⇒関連記事 [四つの感性を育てながら仕事する]
⇒関連記事 [直感のアンテナを立てて仕事する]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。