未来のワークスタイル 判断
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
判断
仕事では「判断」がつきものです。

判断を下して選択したり、評価したり、決断したりの連続です。

仕事のあらゆる場面で、私達は思考をフル稼動させねばなりません。


それゆえ、思考が、仕事に支障をきたす気持ちを心のどこかに押し込めたりもします。

思考が純粋な気持ちのエネルギーの流れをさえぎるのです。

流れをさえぎられたエネルギーが、人それぞれの一定量を越えると、
その不快感は身体にも顕著に現れてきます。

身体が変調を現して、エネルギーの流れを調えなければすべての機能が狂ってしまう危険性を、
思考に戻して知らせてくるのです。


自分の気持ちは自分が一番よくわかっていると言われることがよくありますが、
案外それほど正確には把握できていないことの方が多いのです。

たとえば、仕事がきつくて辞めた仕事なのに、
とっくに辞職した仕事のことを、気持ちをこめて退社後に語る人をよく見かけます。

本人は、不満やキツいことを自分の判断材料にして、その仕事を辞めたのでしょう。

確かに気持ちと身体はきつかったと感じていたのだと思います。

だけどキツい仕事をこなしている時というのは、
エネルギー的に「エキサイティング」している状態でもあり、
強いエネルギーが流れていたわけです。

一つの仕事を辞めた後、あの時のようにエネルギーが力強く流れている感覚を持てない人は、
決まって前の仕事を話題にします。


気持ちの判断というのは主観的なものなので、
往々にして、身体が生理反応として示してくる総体的な情報と相関しません。

私達には、その時々の状況に応じて、自分の気持ちはこうだと決めつける傾向があるので、
感情が強く出ている時ほど、結論を吟味するようにしましょう。


私達は、どんな気持ちも楽しむことができるようになっています。

出来事や状況に、「満足できない」「完璧なものでない」などは、思考の判断です。

思考で判断を加えないと、エネルギーが流れを止めることはないので、
エネルギーの流れの違和感を感じたら、
「満足できない」とか「納得できない」といった思考が入ります。


思考だけでも、感情だけでも、判断するのが危険だとしたら、どうすればいいのかと言うと、
この時こそ活用して頂きたいのが、「感情解放の基本手順」です。

これは、思考と気持ちの折り合いをつけていく手順でもあるのです。


「感情解放の基本手順」を行うことで、判断に記憶による操作をはずしていくこともできます。

感情が強く出ている時は、古い記憶が再現されている可能性がとても高いので、とても有効的です。


判断するのがつらかったり怖かったりする時は、大事になる前に、
思考と気持ちの折り合いをつけて
あげて下さい。

判断の連続でもある「仕事」という日常を送っているのですから、とても大切なことです。



⇒関連記事 [自信を回復して仕事する]
⇒関連記事 [正しく自分の価値観を基準にして仕事する]
⇒関連記事 [「恐れ」からではなく「愛」の選択で仕事する]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。