未来のワークスタイル 喜び
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
喜び
私達の本質は、「喜び」に満たされたいと願っています。

「喜び」にはたくさんの顔があります。

そのバリエーションをいろいろ経験できるように、様々な出来事が人生に登場してきます。

愉快な時、直感に満たされる時、平和を感じる時、人を思いやる時、「一体」を感じている時など、
ありとあらゆる「喜び」を感じられる機会が、出来事には秘められています。


出来事は、時に悲しみや苦しみ感じる波動を前に出して登場してくるので、
喜びなど、どこにもないように思えることももちろんあります。

でも私達の本質は、そこに喜びを感じられるように創造されているのです。

どんな気持ちも最終的には喜びの波動としてとらえる機能が、私達にはあるのです。

そして、この機能にスイッチが入り、
「厳しい状況」や「苛酷な現状」に明るく前向きに挑む時の喜びを知ると、
それは大いなる力と一体にあることを実感できる機会だったとわかってきます。


「喜び」は、人と人をつなぐ「気持ち」という絆になります。

「この人はこうだ」と決めつけることを手放し、恐れを手放し、心を開くと、
世界を、人を、自分自身を愛するために「気持ち」を使うことを学習できます。

こうなれば、仕事に「喜び」を感じられる感性はどんどん高くなっていきます。


先日、発明のプロが、不満や文句が多い人は、案外発明家に向いているとおっしゃっていました。

そうかもしれません。

見方を変えれば、不満は、ココをこうすればもっと良くなるという着目点にもなるので、
その気持ちを「喜びのエネルギー」に変容すれば、
問題を改善した新しい何かを生み出す原動力となるでしょうから。


しかしながら、私達の本質が喜びであるということが、時には不幸な状況で働くこともあります。

犯罪に巻き込まれて、過酷な状況を耐え忍ぶために、それを喜びであると感じる脳内物質を出して、
受け入れるしかないと思い込まざるを得ない場合などです。

とても悲しいことですが、そうでもしなければ生命を維持できなくて、
その状況から抜け出せなくなる精神状態にさせることもあるのです。


幸いこのような状況ではなく、健全な状況で仕事をできる環境にあるなら、
私達の本質である喜びをいかに創造的なことに生かすかという工夫をしましょう。

難しいことではありません。

たとえば、「呼吸法」「四つの祈り」なども、そうする工夫の一つです。



⇒関連記事 [真の自己の喜びがある人間関係を創っていこう]
⇒関連記事 [「感性」を高めて、愛と感謝のエネルギーに敏感になろう]
⇒関連記事 [「やってみたい」と強く思うことがあるなら]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。