未来のワークスタイル 流れを変える
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
流れを変える
言葉のエネルギーとその影響力を生かすメソッドとして有名なアファーメーションですが、
有効活用するには、理解しておかなければならないことがあります。

多くの場合、否定的な結果から意識が離れない時とか、
否定的な気持ちを肯定的なものに変えようとしても用いられていると思いますが、
内心ではアファーメーションする内容を否定していたままで、
その言葉通りにならないことを強く恐れているとしたら、言葉を繰り返せば繰り返すほど、
望むことを実現できないというイメージを強めてしまう場合があります。


確かに、何度も何度も一つの言葉を繰り返しますと、
それがやがてその人の真実として固まっていくのですが、
内側のエネルギーを否定的なエネルギーのままにして実行しているなら、
激流の川を川上に向かって泳ぎ切ろうとするようなものですから、
ついには激流に飲み込まれておぼれてしまうことになりかねません。


宇宙にはエネルギーが充満しています。

人間はその一部であり、自らもエネルギーを発している存在の一つです。


アファーメーションが有効なのは、エネルギーを発する存在である人間が、
押し寄せる否定的なエネルギーの激流に逆らい抵抗するのではなくて、
自らのエネルギーを集約して、その流れに影響を与えるメソッドとして有効
なのです。


人間は脳にいくつもの思考パターンを組み入れたり、組み合わせたりすることができます。

ウィリアム・W・アトキンソンは、
「物質は全て波動であり、思考もまた波動であるので物質である」と語りましたが、
正に「思考」という「物質」のエネルギーを生かすメソッド、それがアファーメーションです。


繰り返し言葉を唱えますと、頭の中では脳内物質(神経ペプチド)が生成され、
次につながる思考を促したり、別の思考と結びつけたり、身体に影響を与えたり
します。

なので、アファーメーション繰り返される言葉で、
流れを変えるような思考回路、行動パターンを呼び起こすことができるわけです。

すなわち、その時点では、否定的な思いや考えが優勢ではあるけれども、
アファーメーションで脳の働きを生かして、それとは別の方向に向かう思考回路を動かして、
流れを変えることができるということです。


アファーメーションは、解決の糸口を外に求めるメソッドではなく、
自分の内側を変容させるメソッドです。

内側が変容して、放つエネルギーのバイブレーションが変わり、
それまで気づけなかった良い変化の兆しをキャッチすることもできるようになってくるのです。


流れが変わり出す兆しは、まず自分の内側で起こります。

正しい選択の言葉を繰り返すことで、脳内に起こる連携が変化するので、
自分の内側が変わり、発する波動の質が変わり、気づくこと、意識がとらえることが変わり、
外側の周囲に起こることも変わり始める、これがアファーメーションの効用です。


アファーメーションをかなり継続して実行しているのに、
まだ目に見える変化を見せてくれていないとしたら、
実際には、何かが起こり始めているのに、発願すなわち発するエネルギー値がまだ弱いか、
確信を上回る疑いの回路がまど強く働いているか、
自分は望むことを受け取る価値があるということを、まだ否定している可能性が高いです。


アファーメーションを実行しているということは、
変化は始まっていることは間違いないでしょう。

アファーメーションに気持ちを乗せて、勢いをつけるには、
楽しいこと、大好きなこと、希望あふれることなどを言葉にして発しましょう。

人に備わっている脳の働きと宇宙の原理が合わさり、
純粋な目的に向かうパワーを後押ししてくれるはずです。

「発願→確信→受取」で、
出したものが返ってくることを楽しめるようなアファーメーションを行って下さい。



⇒関連記事 [アファーメーションが仕事に生きる条件]
⇒関連記事 [アファーメーションの活用(心の態度)]
⇒関連記事 [意識の向け先を移し、仕事の流れを取り戻す]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。