未来のワークスタイル 信念と感情
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
信念と感情
同じようなことばかり起こるなら、信じていることを変えないと、
これからも何度でもそういう経験をしてしまうでしょう。

固く信じていること、すなわち信念を変えていくには、「感情解放の基本手順」を応用できます。

揺るがない信念を持つようになる時には、感情の後押しがあるからです。


信念には、生まれてくる時に魂で受け継いでいるものと、
生まれてから経験してきたことで構築したものがあります。

そして信念の大部分は、潜在意識に入って、無意識的な影響を与えることになります。


信じていることは、日常的に、思考に無意識的な影響を与えていますが、
その信念に心のエネルギーが加えられると、
抑えがたい感情や、時には頑固さとなってほとばしり出てくることがあります。

感情エネルギーがパワー源となった時、日常の浮かんでは消えていく無数の思いの中から、
信念という強いエネルギーにまで高まるのです。


なので、信念にはその人の感情の記憶もセットでくっついていることが多いのです。

人の考え方の癖は、事実が感情で脚色されたものです。

そしてその考え方で世界を見て、自分の人生の質を創造します。


記憶までもが影響を与えて感情で脚色された「思い」が、自分の「信念」として認識されます。

そしてその信念に同調するエネルギー波動の事象や出来事を、私達は体験していくことになります。


自分としては全く予期していなかったこと、自分が望んだとは到底思えないことも、
経験することがあると思います。

それでもその経験に、自分が全く関わっていないなどということは、決してありません。


それが起こった事実を認めたくなくて、なかったことにしようとしても、
起こった事実がくつがえることはありませんし、
この事実を受け入れることができるまで、何度でも同じような経験をすることになるでしょう。

無限の叡智は、私達をそれらの事実に直面させて、
「本当の自分とは何か」「人生は何のためにあるか」などを、
思い出す契機に
してくれているのかもしれません。


その信念は、確かに自分自身が感情でインパクトづけて自分の内側に持ちました。

それは、大いなる叡智と自分自身の共同制作です。

その信念を持つことで、その時は救われたのかもしれません。


なので、自分を制限するような信念に気づいたとしても、決して自分を卑下してはなりません。

もし今は必要ない信念なら、自分の内側の神性が力添えしてくれますから、手放しましょう。


「発願⇒確信⇒受取」を繰り返していくと、
手放した方がいい信念に気づくヒラメキを得ることがありますから、
その時は「感情解放の基本手順」と同様の流れで手放していきましょう。

信じることが変わると、見る世界はまるで違ってきます。



⇒関連記事 [「いいこと」がないと嘆く前に]
⇒関連記事 [自分の性質を変えて仕事したい方へ]
⇒関連記事 [自分の出す波動を再調整して仕事する]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。