未来のワークスタイル 喜んで差し出しましょう
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
喜んで差し出しましょう
「発願→確信→受取」を続けていって、皆さんに真っ先に気づいて頂きたいことは、
「与える」こと「受け取る」ことは、同じエネルギーの対極の現れだということです。

与えると受け取り、受け取ると与えるという自然なサイクルがある時に、私達は安心感を覚え、
これからに希望を見られるのです。


「発願→確信→受取」を意識的に行って、私達が身につけていこうとしているのは、
こういうエネルギーの循環を滞らせることなく、
いつも十分に満たされている感覚
を会得するということです。

見返りを求めたり、期待をしなくても、エネルギーは多極的に循環していき、
出されたところに戻っていきます。


私達は意図や感情というエネルギーを、選択できる存在です。

「もっとほしい」「ずっと持っていたい」などの願望を持つのは自然な気持ちの動きなので、
それはそれとして受け入れるのですが、
私達はそこに執着し過ぎて、エネルギーの流れを止めることがないように気をつけていきます。

エネルギーが循環する流れを強めたり弱めたり、早めたり遅らせたりしようとする気持ちは、
記憶を手放すことでゼロフィールドに戻し、
今「ある」ことを使って、今「できる」ことを楽しむように心の工夫をしていきます。


出せば、そこにできたスペースに新しいものが入ってきます。

そこに執着や過度な期待を入れると、出したことが連れて返ってくることを迎え入れることが
できないので、それらの感情は手放すのです。


受け取れば、次は差し出す番です。

差し出せば、次は受け取る番です。


ただし、エネルギーは循環するということが意味するのは、
必ずしも与えた相手が返さなければならないという意味ではありません。

相手が与えることを拒否する選択をしたなら、別のところから返ってきます。

そのエネルギーの自然な流れに、見返りを強要する気持ちエネルギーを送り出せば、
差し出して起きたエネルギーの流れを止めることになります。

すると、相手ではなく他のところから返ってくるというエネルギー循環を中座させます。


相手が何も返してこなかったとしても、更に相手の幸せを祈る真心を送り出せばいいのです。

するとエネルギーの流れはそこで止まることなく、出したエネルギーが周り周って、
自分のところに共振することを連れ立って返ってきます。


「発願⇒確信⇒受取」という仕事のやり方を通して、
喜んで差し出すという行為がいかに重要なのか、実感して頂きたいと思います。

肝心なのは、エネルギーの流れ、ものの流れを自由にすることで、
相手が誰であっても、与えることをやめていなければ、いくらでも手元にたくさんのギフトが
届けられてくるということです。


エネルギーのこの基本となるこの法則を完全に受け入れて下さい。
(私達はこれを「出したものが返ってくる法則」と呼んでいます。)

見返りを何ら求めることなく差し出す(喜捨)、
或いは、自分がしてほしいことを人にしてあげ(ゴールデン・ルール)ればいいのです。

差し出していく私達がすることは、「それは愛からか、恐れからか」自己確認することだけです。



⇒関連記事 [「与える」ことは「失う」ことではありません]
⇒関連記事 [「手放された期待」で仕事する]
⇒関連記事 [どんな質のエネルギーを帯びた意志を持っているか]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。